2019年09月26日

<シャンプー>ボズレー ブラックプラス シャンプー

ボズレー ブラックプラス シャンプー 360ml
ボズレー ブラックプラス シャンプー 360ml

ボズレー ブラックプラス シャンプー
2,268円
※2018年6月amazonでの価格


ざっくり結論:
「ブラック」は液剤の色。
白髪を予防すると謳うことは現状できない。
どんな成分だろうが、真皮まで浸透なぞせんよ……



お客様からお問合せのあった製品です。
ボズレーのスタンダードタイプがあんまりよかったので、
現在当店のお客様の多くの方が ボズレー プロフェッショナル シャンプー 使っています。

「ブラックプラス」と「プロフェッショナル」の違いと、
どちらが良いのか考えてみたいと思います。

成分見ていきます。

全成分:
水、ココイルメチルタウリンNa、コカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルメチルアラニンNa、ヘマチン、パルミトイルテトラペプチド-20、ヤナギラン花/葉/茎エキス、モウソウチク成長点細胞溶解質、トリフルオロアセチルトリペプチド-2、ラウラミンオキシド、ラウリルスルホ酢酸Na、ラウロイルサルコシンNa、オリゴペプチド- 41、アセチルテトラペプチド- 3、リンゴ果実培養細胞エキス、アルガニアスピノサカルス培養エキス、ライラック葉培養細胞エキス、サッカリナロンギクルリスエキス、アカツメクサ花エキス、セバシン酸、1, 10-デカンジオール、10-ヒドロキシデカン酸、プエラリアミリフィカ根エキス、エクオール、パンテノール、ポリクオタニウム-10、ソウパルメット果実エキス、プランクトンエキス、レシチン、メントール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ポリクオタニウム-7、グリセリン、BG、テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル、プロピオン酸Na、ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、エチドロン酸、イソマルト、マルトデキストリン、キサンタンガム、デキストラン、クエン酸、クエン酸Na、フェノキシエタノール、エタノール、香料


界面活性剤は後方表示のラウリルスルホ酢酸Na,ラウロイルサルコシンNa,あたりが美容訴求成分の後方に変わっていますが、
構成自体は「プロフェッショナル」タイプとだいたい同じ。

相変わらず非常に質が高いです。このお値段で素晴らしい!
ほぼ完全なアミノ系です。

起泡剤もありますから、アミノ酸系ながらふくふくとした泡が立ち、ぬめぬめした独特の洗いあがりは抑えられているのではないでしょうか。


美容訴求成分を見ていきます。

植物エキスの名も相当見られるのですが、例によって界面活性剤と一緒に配合されている場合は洗い流されてしまって、ほとんど肌に残らないと考えられるので割愛。


それ以外のところですと――

ヘマチン

モウソウチク成長点細胞溶解質

パルミトイルテトラペプチド-20

トリフルオロアセチルトリペプチド-2

オリゴペプチド- 41

アセチルテトラペプチド- 3



……。

('Д')

あ、これ、ヤバイやつだ。


えっと、先鋭的な成分が多すぎるのと、

皮膚科学というよりは、発想がかなり毛髪科学寄りですわ。

対皮膚用化粧品とだいぶ発想が違う。

だもんで、ちょっと、畑違い感が否めないし、資料も足りないので、推測と応用と、断片的な知識つないだ感じの結論になっちゃいます。


まあ、ド・ストライクな感じの考察はマニアック美容師さんのブログをご覧になっていただくとして、自分はエステティシャンなので、エステティシャンらしい視点で考えてみましょうか。

色物考察として、斜め読みしてもらえれば幸いです。


さて――。

この製品を使うかどうか検討されている方が、いちばん気になるのは

白髪が予防できるのか、はたまた少なくなるのか、

というところだと思います。


そこのところのわたくしの答えはこうです。


可能性はゼロとはいえないが、期待しない方がいい


近頃「ブラック」という名を持つシャンプーが増えていますが、これは「ボズレーブラックシャンプー」だけによらず、いずれにも共通して言えることだと思います。

なぜかというと、第一に白髪を予防するという表示で医薬部外品にできる成分が現状存在していないのです。

シャンプー、コンディショナーの医薬部外品が表示できる効果・効能は以下のとおりです。

・ふけ、かゆみを防ぐ
・毛髪、頭皮の汗臭を防ぐ
・毛髪、頭皮を清浄にする
・毛髪、頭皮をすこやかに保つ
・毛髪をしなやかにする
・毛髪の水分、脂肪を補い保つ
・裂毛、切毛、枝毛を防ぐ

そう。
白髪の「し」の字もないのです。


では、どうして白髪を予防できることを匂わせる製品が出てきているかというと……

ヘマチン

この成分のせいです。


毛髪産業(勝手な造語)に携わる方々のなかでは、

・白髪が予防できる
・ダメージヘアが補修できる
・薄毛予防につながる

などと、期待を寄せられていたり、場合によっては上記の効果があると、まるで真実かのように言われている成分です。

ヘマチンとは動物の血液から作られる成分で、化粧品としての成分の定義は「抗ケーキング剤」となっています。
※ケーキングの意味を書いていると本筋から外れるので、興味がある人は調べてね!


大分古いのですが、厚生労働省が平成20年12月に都道府県に宛てた『いわゆる薬用化粧品中の有効成分リストについて』という書面にある、シャンプーとリンスの有効成分は以下のとおりです。

・アラントイン
・安息香酸
・イオウ
・グリチルリチン酸二カリウム(グリチルリチン酸ジカリウム)
・サリチル酸
・サリチル酸ナトリウム
・トコフェロール酢酸エステル(酢酸DL-α-トコフェロール)
・トリクロサン
・ピリチオン亜鉛
・ベンザルコニウム塩化物(塩化ベンザルコニウム)
・イソプロピルメチルフェノール
・グリチルリチン酸三ナトリウム
・臭化アルキルイソキノリニウム液(75%)
・レゾルシン


ヘマチンは見られません。

また、さらに古いのですが、日本化粧品工業連合会による『医薬部外品の成分表示名称リスト(平成18年3月10日)』の、238番に「ウシヘマチン液」が見られます。

つまり、ヘマチン自体は平成18年3月の時点ですでに医薬部外品の何かに含まれていた成分のようです。
ただ、成分表示名称リストなので、有効成分かその他の成分かは分かりません。


しかし、いずれにせよ「白髪」に関する効能表示は現段階ではやはり認められていないものと思われます。

それは、ブラックの名を冠するシャンプーやコンディショナー、トリートメントが一様に 白髪を予防できることを匂わせる程度 に留まっていることが逆説的に証明しているのではないでしょうか。

化粧品は効果・効能は謳えないが副作用はないもの。
医薬部外品(薬用化粧品)は決められた成分を決められた濃度含むと、決められた効果・効能を謳えるもの(ただし作用は温和)です。

「白髪を予防・改善できる」と明記すれば、景品表示法と薬事法に恐らくダブルで違反することになります。


個人的には、そもそも

どんな成分だろうが、真皮にある毛母細胞まで美容訴求成分は浸透しないでしょ……

とも思います。


化粧品のCMや広告に、

超・浸透
奥まで浸透


などというキャッチコピーが大きく踊っているのと同時に、右隅に米粒みたいな小さな文字で「※浸透は角質層まで」って書いてあるの見たことありませんか?

そうなんです。

美容訴求成分はどんなものであれ、塗るだけでは角質層(平均0.03ミリ)までしか届かないのですよ。

真皮まで届けるにはそもそもとして、ポレーションや導入機などの美容機器を使わないとなりませんし、それでも全部がいけるわけでもない。

ましてや、コラーゲンしかり、ヒアルロン酸しかり元来が動物由来の成分って分子が大きいので、かなり改良されてようやく浸透力が上がるものですし、そのうえシャンプーやコンディショナーのように水に流すものに入っていて、真皮の、しかもそのなかにある毛母細胞までなんて入るとは思えないわけですよ。

そんなもんで浸透するなら、店にある美容機器ぜんぶ放り投げるわ―― そう、思いますね。



そろそろ表題の製品 ボズレー ブラックプラス シャンプー に戻ります。

……というわけで、白髪を予防するうんぬんは「話半分」程度にとどめておき、

願わくは 予防できたらいいな!

くらいの気持ちでなら、使ってもいいと思います。


白髪の改善・予防は別として、界面活性剤の質はいいですし、ほとんど吸収されないとは思うけど先鋭的な抗老化剤も入っていて、シャンプーの質としては大変良い感じです。

わたくしも注目しているボズレーのシリーズなので、今回はサンプルを購入して実際に使ってみましたが、プロフェッショナルよりも洗浄力がやや穏やかなかんじがしました。

プロフェッショナルでは皮脂がとれすぎるように感じる人は、こちらのブラックプラスもよいかもしれません。

一応定価は変わらないようですが、ネットでは若干 プロフェッショナル の方がお安く出回っているようです。





なんにせよ、ボズレーはいいぞ。
2019年9月時点でもイチオシの高品質シャンプーです。

ボズレー プロフェッショナル シャンプー 360ml
ボズレー プロフェッショナル シャンプー 360ml

個人的にはプロフェッショナルの方が出来がいいと思います。



オマケ:



ブラックプラスシリーズには、エッセンスがあります。

このエッセンス、件の成分ヘマチンが入ってすらいないの…… なんで……

細胞賦活するような成分は入っているんですけれどね。それも強力なタイプとは言い難い。


amazonのレビューを見ても、考えさせられますね。

消費者が勝手に期待している(思い込んでいる)だけであるという言い訳が通用する範囲の打ち出し方ですけれどね。

白髪染めから卒業したグレイヘアの女性が注目を集めたりしていますが、未だ白髪は忌むべきものであり、あわよくば根本的になんとかしたい、とお考えの方も少なくないでしょう。そういう方にとっては切実な問題なんですよね。

かつて化粧品が幾度も通ってきた道ですけれど、何とかしたいという切実な思いを逆手にとるやり方はやっぱり、ちょっと……不誠実な売り方だなぁと思ってしまいます。

シャンプーはもの自体は良いので、残念です。



***

今のところ、白髪はどうも遺伝的な要因が大部分を占めると考えられているようです。
睡眠不足やストレス、栄養状態の悪化などの不摂生によって、頭皮の血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が運ばれにくくなって一時的に白髪が増えることもありますが、そういう種の白髪はいつの間にかもとに戻ったりします。

加齢(老化ではなく加齢と表現するところがミソ)による変化は、基本的には元に戻りません。
今後そういうアプローチが発見されるかもしれませんが、今の時点で決定的なそういうものはないです。

個人的には、老いを否定したり、受け容れがたいという心理の方に興味があります。

私は白髪染めをしていますが、これは美容に関わる仕事をしている手前、その方がお客様に安心感や信頼を持ってもらえるのではないだろうか、という社会的な理由です。

こういう仕事をしていなければ、たぶん白髪染めはしないですし、この世に自分ひとりしか存在しないなら、絶対染めていないです。

白髪をなんとかしたい、という思いはあってもなくても、それは人それぞれですし、それぞれで良いのだと思います。

ただ、その理由の方が大事なような気がします。

社会的な理由か絶対的な理由か、それによって本質が違うように思うんですよね。























posted by せんたくびより at 20:00| Comment(0) | 市販のシャンプー考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

<シャンプー>Reveur0(レヴール ゼロ) モイスト シリコーンフリー シャンプー

Reveur0(レヴール ゼロ) モイスト シリコーンフリー シャンプー (460mL)
Reveur0(レヴール ゼロ) モイスト シリコーンフリー シャンプー (460mL)

972円
※2018年10月amazonでの価格

入っているものはそんなにおかしくない。なのに、なぜ評判が芳しくないのか…

全成分:
水、ココイルグルタミン酸TEA、イソペンチルジオール、コカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、(カプリリル/カプリル)グルコシド、ココイルメチルタウリンNa、テトラオレイン酸ソルベス-40、ラウリルヒドロキシスルタイン、ラウリン酸PG、ヤシ油脂酸PEG-7グリセリル、ポリクオタニウム-10、塩化Na、コカミドDEA、ポリクオタニウム-50、ジオレイン酸PEG-120、メチルグルコース、クエン酸、EDTA-2Na、BG、サッカロミセス/コメ発酵液、カラメル、クエン酸Na、エタノール、ハチミツ、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ビフィズス菌培養溶解質、クインシードエキス、フラガリアチロエンシス果汁、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、DPG、レシチン、フラーレン、ローヤルゼリー、PVP、イヌラクリスモイデエキス、セルロースガム、ポリビニルアルコール、硫酸AI、キサンタンガム、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン


ノンシリコンシャンプーの革命児(大げさ?)とも言ってよかった、「レヴール モイスト&グロス シャンプー」のリニューアル製品です。

自分のブログを確認しましたところ、「レヴール モイスト&グロス シャンプー」の記事は2012年1月UP、市販のノンシリコンシャンプーレポの記念すべき第一弾でした。当時はノンシリコンシャンプー自体が出始めで、2千円前後の製品が圧倒的多数であった中、500ml 千円弱という価格はまさに革命的だったのです。入っているものも、本当に良くて(当時は)、多くのお客様にお勧めした製品でした。

さて、6年の時を経て、リニューアル後の製品はどうでしょうか。


界面活性剤(洗浄剤)のTOP表示はココイルグルタミン酸TEA。アミノ酸系洗浄剤です。その他にコカミドプロピルベタイン、コカミドメチルMEA、ココイルメチルタウリンNa、など御馴染みの洗浄剤、助剤が入っています。ヤシ油系主体ですね。昔のブログは全成分を記載していなかったので、比べようがないんですけれど、洗浄剤そのものは低刺激性のものが多く、わりと良質な印象です。

目を引くのは、3番手表示の「イソペンチルジオール」でしょうか。多価アルコールの一種、溶剤であり、保湿作用があり、抗菌力もありますす。この位置にあるのはシャンプーではあんまり見ないような……

皮膜形成剤のポリクオタニウム-10、保湿剤のポリクオタニウム-50が入り、

美容訴求成分としてBG、サッカロミセス/コメ発酵液、カラメル、クエン酸Na、ハチミツ、ビフィズス菌培養溶解質、クインシードエキス、フラガリアチロエンシス果汁、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、DPG、レシチン、フラーレン、ローヤルゼリーなどが見られます。

注目したいのは、その表示位置でしょうかね。

それら多くの美容訴求成分が、ph調節剤、キレート剤(クエン酸、EDTA-2Na)の後ろの表示なんですよね。ph調節剤とかキレート剤というのは、製品をつくるうえに必要な添加物的なもので、多くは防腐剤手前くらいの表示。もともとそんなに量が入っているものじゃないんですよね。

となると、イソペンチルジオール以外の美容訴求成分はたぶん、ほんのちょっとしか入っていないんじゃないだろうか……。

イソペンチルジオールが多価アルコールの一種ということなので、PGやヘキサンジオール様の保湿作用だとすると、少し心もとないような気がしないでもありません。「モイスト」という名を冠していますが、かなりすっきり洗いあげるのではないかと予想。

コンディショナー(トリートメント)は基本的に毛幹部に作用するものなので、管轄外なのですが、その兼ね合いによってはけっこうさっぱりした仕上がりになってしまうのかも。以前のレヴール(紫)が、この価格にしてはわりとしっとりした洗いあがりだったように記憶しているので、少し印象が違うのかもしれませんね。

頭皮を清浄にする、清潔にたもつ、という意味では全く問題のない、むしろ優れたシャンプーだと思うんですけれど、毛幹部へのしっとり感や手触りのよさ、艶などを期待すると、肩透かしにあったような感じになるのかもしれません。そのせいか、実際にお使いの方の感想もネット評判も芳しくないように思います。



実物を手に取ってみたいと思っているんですけれど、あいにくこちらの製品はサンプルを出していないようでした。

機会があれば、実物を購入したいと思いますが、アラフォーの劣化が始まっている髪質にはちと厳しいように見えるのですよね。購入してすぐ捨ててしまうのは、良心が痛むし……。MOTTAINAI。


あくまでも全て成分を見ただけの印象なんですけれど、洗浄剤自体はけっして質が悪いわけではないけれど、保湿成分などの美容訴求成分が、ちょっと心もとない印象ですね。ノンシリコンのパイオニア的存在だっただけに、少し残念な感じは否めません。普通のノンシリコンシャンプーだったら、別にそんなこともないんですけれどね。逆に言えば、それだけノンシリコンシャンプーの市場が成熟したとも言えるのかも。

なんにせよ、時代の移り変わりを感じさせる製品です。



<本日の所要時間50分>

改めて、たった6年のあいだにこんなにもシャンプー市場が変わったことに驚きました。

や――たった6年って書いたけど、小学校1年生が6年生になるだけの年月なのか……。
児童期から青年期への移り変わりと考えたら、決して短い年月ではないですね。









posted by せんたくびより at 23:15| Comment(0) | 市販のシャンプー考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

<シャンプー>ボズレー プロフェッショナル シャンプー

ボズレー プロフェッショナル シャンプー 360ml
ボズレー プロフェッショナル シャンプー 360ml

2,268円
※2018年6月amazonでの価格

全成分:
水,ココイルメチルタウリンNa,コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,ラウラミドプロピルベタイン,ラウロイルメチルアラニンNa,ラウラミンオキシド,ラウリルスルホ酢酸Na,ラウロイルサルコシンNa,オリゴペプチド-41,アセチルテトラペプチド-3,リンゴ果実培養細胞エキス,アルガニアスピノサカルス培養エキス,ライラック葉培養細胞エキス,アルゲエキス,アカツメクサ花エキス,1,10デカンジオール,10-ヒドロキシデカン酸,セバシン酸,プエラリアミリフィカ根エキス,エクオール,パンテノール,ソウパルメット果実エキス,プランクトンエキス,レシチン,メントール,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ポリクオタニウム-10,ポリクオタニウム-7,グリセリン,BG,テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル,プロピオン酸Na,ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース,エチドロン酸,イソマルト,マルトデキストリン,キサンタンガム,デキストラン,クエン酸Na,フェノキシエタノール,香料


今(2018年6月)現在、一押しの低刺激性シャンプー!
荒れやすい人、年齢を重ねた頭皮にもってこい



非常に界面活性剤の質が高いです。その割に2千円台前半とお値ごろ感があります。

表示トップはココイルメチルタウリンNa。アミノ酸系の陰イオン界面活性剤でもちろん低刺激です。
コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,ラウラミドプロピルベタインあたりは千円前後のシャンプーにはよく入っていますが(洗浄助剤、起泡剤)感触が良いうえに非常に安全性も高いというラウロイルメチルアラニンNa、ほどよい脱脂力と殺菌力のあるラウロイルサルコシンNaも入っています。いずれもアミノ酸系界面活性剤です。

この時点で、きめ細かく柔らかい泡で、やさしく頭皮と毛髪の皮脂汚れやほこりなどを落としてくれるのではないかと予想。

美容訴求成分も良いです。

リンゴ果実培養細胞エキス,アルガニアスピノサカルス培養エキス,ライラック葉培養細胞エキス,アカツメクサ花エキス…などの植物エキスも相当数ありますが、その前にはオリゴペプチド-41(アミノ酸系保湿剤。比較的新しい成分)やアセチルテトラペプチド-3の高い機能性で注目されている成分名の表示があります。

アセチルテトラペプチド-3は皮膚の免疫機能に作用し、ターンオーバー(生まれ変わり)を整えると言われています。新しい抗老化剤、通称FGF様の成分です。

公式サイトを見ると、「頭皮のコラーゲン生成を促進し、美髪を育む環境へ整えます」とありますが、これはこのあたりの成分の効能を謳ったものかと。

植物エキス群は、ほぼほぼ保湿ですね。古来から髪に良いと言われているアルゲエキス(海藻エキス)が入っているのもいい。

洗浄剤は低刺激でマイルドな感じですが、エクオール、パンテノールなども入っているので、過剰な皮脂で荒れやすい頭皮も想定しているように思います。

水で流すものに含まれる美容訴求成分は、ほとんど吸収されないとは言われているんですけれど、このシャンプーは保湿剤の他に抗老化剤が入っているのが先鋭的です。シャンプーというより、化粧品の考え方に近いです。公式サイトなどでは他のシャンプー同様に消費者に好まれやすいワードの「植物性」などを謳っていますが、よく考えられた、かなり科学的な製品だと思います。(植物が悪いわけじゃないけど…)


こちらは実際に製品を購入し、使ってみました。

本当に、成分を見たままそのままの印象でした。

汚れは落としつつも、洗浄力は強すぎません。アミノ酸系界面活性剤が主体のシャンプーにありがちな、泡立ちが弱い、泡切れが悪いということもないので、どんなヘアスタイルの人でも扱いやすそうです。

あまりにも皮脂が多いうえ、整髪料を使っている人ではもしかすると洗浄力が足りないかもしれませんが、そうでない人には年齢・性別問わず非常にお勧めです。


あとはネックになりそうなのは、価格でしょうか。

今日日、360ml(標準使用で2か月分くらい)で2,268円のシャンプーを高いと思う人が多いのか安いと思う人が多いのか、ちょっと分かりませんが…数百円のシャンプーが存在している以上、安いと思う人はそう多くないかもしれません。

化粧品類は性能、効果(厳密には化粧品は効果を謳ってはいけない)と価格が必ずしも比例しません。
なぜならそこに、人件費や広告費などの経費が含まれているからです。

ただ、こちらのシャンプーは価格相応どころか、中に入っているものを見ると、お得感さえある良心的な価格設定だと思います。
ほんとうの意味でコストパフォーマンスに優れた逸品といってよいと思います。







詰め替え用があるのも嬉しい






<本日の所要時間90分>
公式さんにもamazonさんにも全成分表示がなく、手もとの製品を見て成分をひとつひとつ打ったせいで、えらい時間がかかりました。
慢性的な目の疲れに加え、老眼も怪しくなってきた年齢なのできつい…きついよ。










posted by せんたくびより at 21:43| Comment(0) | 市販のシャンプー考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする