2018年06月28日

<シャンプー>ボズレー プロフェッショナル シャンプー

ボズレー プロフェッショナル シャンプー 360ml
ボズレー プロフェッショナル シャンプー 360ml

2,268円
※2018年6月amazonでの価格

全成分:
水,ココイルメチルタウリンNa,コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,ラウラミドプロピルベタイン,ラウロイルメチルアラニンNa,ラウラミンオキシド,ラウリルスルホ酢酸Na,ラウロイルサルコシンNa,オリゴペプチド-41,アセチルテトラペプチド-3,リンゴ果実培養細胞エキス,アルガニアスピノサカルス培養エキス,ライラック葉培養細胞エキス,アルゲエキス,アカツメクサ花エキス,1,10デカンジオール,10-ヒドロキシデカン酸,セバシン酸,プエラリアミリフィカ根エキス,エクオール,パンテノール,ソウパルメット果実エキス,プランクトンエキス,レシチン,メントール,グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド,ポリクオタニウム-10,ポリクオタニウム-7,グリセリン,BG,テトラステアリン酸PEG-150ペンタエリスリチル,プロピオン酸Na,ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース,エチドロン酸,イソマルト,マルトデキストリン,キサンタンガム,デキストラン,クエン酸Na,フェノキシエタノール,香料


今(2018年6月)現在、一押しの低刺激性シャンプー!
荒れやすい人、年齢を重ねた頭皮にもってこい



非常に界面活性剤の質が高いです。その割に2千円台前半とお値ごろ感があります。

表示トップはココイルメチルタウリンNa。アミノ酸系の陰イオン界面活性剤でもちろん低刺激です。
コカミドプロピルベタイン,コカミドDEA,ラウラミドプロピルベタインあたりは千円前後のシャンプーにはよく入っていますが(洗浄助剤、起泡剤)感触が良いうえに非常に安全性も高いというラウロイルメチルアラニンNa、ほどよい脱脂力と殺菌力のあるラウロイルサルコシンNaも入っています。いずれもアミノ酸系界面活性剤です。

この時点で、きめ細かく柔らかい泡で、やさしく頭皮と毛髪の皮脂汚れやほこりなどを落としてくれるのではないかと予想。

美容訴求成分も良いです。

リンゴ果実培養細胞エキス,アルガニアスピノサカルス培養エキス,ライラック葉培養細胞エキス,アカツメクサ花エキス…などの植物エキスも相当数ありますが、その前にはオリゴペプチド-41(アミノ酸系保湿剤。比較的新しい成分)やアセチルテトラペプチド-3の高い機能性で注目されている成分名の表示があります。

アセチルテトラペプチド-3は皮膚の免疫機能に作用し、ターンオーバー(生まれ変わり)を整えると言われています。新しい抗老化剤、通称FGF様の成分です。

公式サイトを見ると、「頭皮のコラーゲン生成を促進し、美髪を育む環境へ整えます」とありますが、これはこのあたりの成分の効能を謳ったものかと。

植物エキス群は、ほぼほぼ保湿ですね。古来から髪に良いと言われているアルゲエキス(海藻エキス)が入っているのもいい。

洗浄剤は低刺激でマイルドな感じですが、エクオール、パンテノールなども入っているので、過剰な皮脂で荒れやすい頭皮も想定しているように思います。

水で流すものに含まれる美容訴求成分は、ほとんど吸収されないとは言われているんですけれど、このシャンプーは保湿剤の他に抗老化剤が入っているのが先鋭的です。シャンプーというより、化粧品の考え方に近いです。公式サイトなどでは他のシャンプー同様に消費者に好まれやすいワードの「植物性」などを謳っていますが、よく考えられた、かなり科学的な製品だと思います。(植物が悪いわけじゃないけど…)


こちらは実際に製品を購入し、使ってみました。

本当に、成分を見たままそのままの印象でした。

汚れは落としつつも、洗浄力は強すぎません。アミノ酸系界面活性剤が主体のシャンプーにありがちな、泡立ちが弱い、泡切れが悪いということもないので、どんなヘアスタイルの人でも扱いやすそうです。

あまりにも皮脂が多いうえ、整髪料を使っている人ではもしかすると洗浄力が足りないかもしれませんが、そうでない人には年齢・性別問わず非常にお勧めです。


あとはネックになりそうなのは、価格でしょうか。

今日日、360ml(標準使用で2か月分くらい)で2,268円のシャンプーを高いと思う人が多いのか安いと思う人が多いのか、ちょっと分かりませんが…数百円のシャンプーが存在している以上、安いと思う人はそう多くないかもしれません。

化粧品類は性能、効果(厳密には化粧品は効果を謳ってはいけない)と価格が必ずしも比例しません。
なぜならそこに、人件費や広告費などの経費が含まれているからです。

ただ、こちらのシャンプーは価格相応どころか、中に入っているものを見ると、お得感さえある良心的な価格設定だと思います。
ほんとうの意味でコストパフォーマンスに優れた逸品といってよいと思います。







詰め替え用があるのも嬉しい






<本日の所要時間90分>
公式さんにもamazonさんにも全成分表示がなく、手もとの製品を見て成分をひとつひとつ打ったせいで、えらい時間がかかりました。
慢性的な目の疲れに加え、老眼も怪しくなってきた年齢なのできつい…きついよ。










posted by せんたくびより at 21:43| Comment(0) | 市販のシャンプー考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: