2018年02月09日

保湿系バイオセルロースマスク3選

先日、「予算千円ではじめる冬のお肌の乾燥対策〜パックを取り入れる〜」でパックの有効性と選び方を紹介しましたが、今日はシートマスクでもお勧めのバイオセルロースタイプのマスクを3つ取り上げてみたいと思います。

バイオセルロースタイプのフェイスマスクとは?
2018年2月8日写真を追加しました


■目次


 1.ジャパンコスメ JC Bijou さくら
 2.ビルル シンデレラ ラグジュアリー belulu Cinderella Luxury
 3.バイオセルロース フェイスマスク MOIST(弾潤系)
 4.シートマスクにしみ込んでいるのは化粧水




1.ジャパンコスメ JC Bijou さくら


ジャパンコスメ JC Bijou さくら 25ml モイスチャーケア -
ジャパンコスメ JC Bijou さくら 25ml モイスチャーケア -
ジャパンコスメ JC Bijou さくら
amazon 864円


全成分
水、BG、グリセリン、プロパンジオール、ヒアルロン酸Na、アロエベラ液汁、加水分解エラスチン、水溶性コラーゲン、PEG-60水添ヒマシ油、メチルグルセス-10、グリコシルトレハロース、ポリアクリレート-13、メチルパラベン、加水分解水添デンプン、ポリイソプテン、ベタイン、フェノキシエタノール、ハチミツ、PCA-Na、クエン酸Na、ポリソルベート20、ソルビトール、クエン酸、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、アルギニン、リシン、トレオニン、プロリン


分かりやすく保湿系バイオセルロースマスクです。
一般的な保湿剤である、BG、グリセリン、プロパンジオール、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲンなどがバランスよく含まれています。乳化剤が入っているけど油分が見当たらない…。皮膜形成剤あたりとの兼ね合いなのか…。
表面を覆うような成分も入っているので、仕上がりは特にしっとりして感じるのではないかと思います。(それが本当の意味で保湿というかどうかはちょっと微妙ですが)1,000円以内でお手頃なので試してみてもよいと思います。






2.ビルル シンデレラ ラグジュアリー belulu Cinderella Luxury フェイシャルマスク



ビルル シンデレラ ラグジュアリー belulu Cinderella Luxury フェイシャルマスク
amazon 1,580円



全成分
水、プロパンジオール、グリセリン、PCA-Na、メチルグルセス-10、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、水溶性プロテオグリカン、加水分解シルク、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ソメイヨシノ葉エキス、チャ葉エキス、カミツレ花エキス、アラントイン、ヒアルロン酸アスコルビル、酢酸トコフェロール、カプリロイルジペプチド-17、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、クエン酸、クエン酸Na、水添レシチン、ポリソルベート80、カプリリルグリコール、タマリンドガム、キサンタンガム、BG、ペンチレングリコール、エタノール、PEG-20ソルビタンココエート、エチルヘキシルグリセリン、アニス酸Na、ローズマリー油

なぜか画像が表示されないのと、表記の名称が長すぎてどこまでが正式名称かよく分かりません。
↓このように表記されています
フェイスマスク 美ルル シンデレラ ラグジュアリー belulu Cinderella Luxury バイオセルロース 日本製 厚手 ヒト幹細胞エキス プロテオグリカン 無鉱物油 無着色 無添加 フェイシャルマスク (set1)

前置きはさておき。
こちらは保湿&抗老化剤が入った、年齢肌向けのバイオセルロースマスクです。
お値段が1,580円と「予算千円ではじめる冬の乾燥対策」という趣旨からは少し外れてしまうのですが、千円台なのでまあ、ありかなという勝手な判断と、入っているものの割にはお値段が手ごろで割安感があるので紹介します。

プロパンジオール、グリセリン、PCA-Na、メチルグルセス-10、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Naとポピュラーな保湿剤がバランス良く含まれているうえに、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、水溶性プロテオグリカンと注目の抗老化剤が含まれています。

ヒト脂肪細胞順化培養液エキスは細胞増殖因子(EGF,IGFなど)とともに近年注目されている成分です。細かく言うとアレなんですけれど……細胞を賦活させることにより、年齢に伴うしわ、たるみ、シミなどをケアしていこう、というようなものです。

水溶性プロテオグリカンはサケの鼻軟骨由来のもので、コラーゲンを増やしたり、色素沈着やシワを改善するという成分です。

このあたりの成分は5,6年くらい前から見かけるようになり、ここ2,3年はこれらが配合された化粧品が、業務用メーカーや一部の一般向け先鋭的メーカーから発売され、爆発的に増えた印象です。恐らく今後は功老化系化粧品の主となっていくのではないでしょうか。けっこうエビデンスも出てきているようですしね。

ただし、まだまだとにかく値段が高い。

これらを含む製品は美容液で2万〜6万程度(売価)、フェイシャルマスクでも高濃度に含むものは卸値でも1枚あたり2千円から3千円ほどします。エステサロンでこのクラスの化粧品を使うトリートメントを受けようと思うと、立地にもよりますが2万円前後のコースになっていることが多いようです。

こちらのマスクの場合、入っている量はほんのちょっとだと思うんですけれど、それでも最新鋭の機能性化粧品をお手頃価格で試してみるのも面白いと思いますよ。マスクだと継続してコストがかかるわけではないですしね。




3.バイオセルロース フェイスマスク MOIST(弾潤系)


日本製バイオセルロース フェイスマスク MOIST(弾潤系) 1枚 -
日本製バイオセルロース フェイスマスク MOIST(弾潤系) 1枚 -
日本製バイオセルロース フェイスマスク MOIST(弾潤系) 1枚
amazon 648円



全成分
水、プロパンジオール、グリセリン、ラベンダー花水、PCA-Na、BG、アセチルヘキサペプチド-8、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、フィトスフィンゴシン、ポリクオタニウム-51、水添レシチン、ソルビトール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、加水分解コラーゲン、クエン酸、クエン酸Na、アラントイン、ヒアルロン酸Na、タマリンドガム、キサンタンガム、メチルグルセス-10、アニス酸Na、パンテノール、パルミチン酸レチノール、ピーナッツ油、スクワラン、コレステロール、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、メチルパラベン、フェノキシエタノール

保湿目的のマスクとしては、こちらがお勧めです。
仕組みの異なる保湿成分が複数入っているし、角質細胞間脂質も入っています。ちょっとだけVC誘導体(美白、抗老化成分)が入っているのも嬉しい。皮膚科学に基づいた成分構成だと思います。お値ごろ感もあります。

手触りを良くするような、悪い言い方をすると「おためごかし」的な成分は入っていません。特に刺激が強いようなものも入っていません。(かといって絶対に誰もトラブルが起きないという意味ではありません)

あとは、これらの成分がどのくらい入っているかなんですけれど、フェイスマスクの場合、化粧水と同様でどのみち90%超は水ですからまあ大した問題ではないかと。

あとはシートがそれなりの厚さがあれば言うことなし。バイオセルロースのマスクはけっこう厚さがそれぞれ違うのです。同じメーカーの同じ製品でもそのときそのときによって違いますしね。

ちょっと手に入りにくそうですが、こちらは成分見るかぎりはおすすめ。


4.シートマスクにしみ込んでいるのは化粧水


バイオセルロース、不織布に限らずシートマスクに含まれている化粧品は、一部、美容液に近いものもありますが、たいてい化粧水のようなものです。

そのため肌の乾燥がひどく、バリア機能が著しく損なわれている場合はマスクにしみこんでいる化粧品が肌にしみたり、使用後すぐに赤くなったりすることがあります。そのときは、なるべくこっくりしたクリームだけを洗顔後のスキンケアに使い、肌の回復を待ってからマスクを使ってみてください。

化粧品がしみたりするのは、化粧品が悪い可能性よりもどちらかというと、自身の肌のコンディションが悪すぎるために起こることが多いです。敏感肌はもともと敏感な肌、という意味よりは敏感な状態になってしまっている、というニュアンスの方が正しいかもしれません。



ただし、化粧品を使って翌日から二日後にかけて湿疹や腫れが出た場合、アレルギーの可能性があるのですぐに皮膚科を受診して判断を仰ぎましょう。


<本日の所要時間2時間>
※このページに表示されている価格は2018年2月9日現在のものです。また記載の製品は試用しておらず、成分表記を見ただけの印象です。ご使用の際はそのあたりにご留意ください。



このブログをどういう人に御覧いただいているのか、ちょっと分からないんですけれど…
もし実店舗にお越しいただいている方で、バイオセルロースマスクをお探しでしたら、ご来店の際にご相談くださいね。普段からご予算とお肌のコンディションに合わせ、カスタマイズして基礎化粧品のご提案も行っておりますが、マスクのようなスペシャルケア用のアイテムも、試用を重ねた末に探し出した秘蔵の品を用意しています。コスパも性能も折り紙付きですよ…!
posted by せんたくびより at 20:00| Comment(0) | 市販の基礎化粧品考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: